足の指を骨折したら靴はどうする?オススメを紹介!

スポンサード リンク

The following two tabs change content below.
歌島 大輔

歌島 大輔

スポーツ整形外科医師(非常勤)さくら通り整形外科
スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。

足の指を骨折してしまった・・・
靴は普通に履いていいのか?

固定によっては靴を履けないことも多いが・・・

そういったことは多くの人の共通する悩みです。

実際、ケースバイケースでどういう靴がいいのかは
変わりますし、
治療中の間だけということを考えると、
当然、高価な靴というのは選択肢に入りにくいですよね。

その意味でもどういった靴がいいのか、
その考え方、オススメをご提案できればと思います。

こんにちは、スポーツ整形外科医の歌島です。
本日も記事をご覧いただきありがとうございます。

足の指の骨折の治療中に靴に求められる要素

足の指の骨折において、
靴に求められる要素を一言で言うと、

足の指の安静と保護

になります。

少し抽象的な表現でわかりにくいので、

逆にどういう靴がダメなのか?
ということを具体的に解説していきます。

足の指の骨折でこんな靴はNG!

足の指が曲がってしまうような窮屈な靴

まずは窮屈な靴です。
特に足の指が曲がってしまうというような靴は
まったくダメですね。

また、足の指の固定をしている場合は、
つま先が、通常より大きくなっていますから、
いつもは窮屈ではない靴も、
固定したあとは、窮屈になることは多々あります。

そのため、特に足の指の固定をした場合は、
特殊な靴が一時的に必要になります。

スポンサード リンク

靴の中で足がグラグラするような緩い靴

逆に、固定した場合は、
大きな靴しか入らないからということで、
大きなゆるゆるの靴を選択することもあると思います。

ただ、そこで、
クロックスのようなサンダルを選んだ場合、

歩き方にもよりますが、
サンダルの中で足が前後に動いて、
下手すれば歩くたびに
足の指が靴の先端にぶつかることになります。

これも骨折部にとって
常に負荷がかかるダメなパターンですよね。

そういう意味で、
つま先は大きくても、
足の固定はしっかりとされるもの。

というものがベストとなります。

足の指の骨折の靴のベストは?

以上のような要素から、理想は

クロックスのようにつま先が広いが、
靴紐などで、
しっかり足の甲でフィットさせられる。

そういう靴ですが、
残念ながら、そういうものは見つかりません。

サイズが大きめの、
つま先がゆったりめのスニーカーを買って、
靴紐をぎゅーぎゅーに結ぶという手もありますが、

つま先を固定した場合は、
それでも対応できるつま先のサイズを持つ
スニーカーはなかなかないでしょう。

ということで、ある程度の妥協案ですが、

2つオススメをお示しします。

結論としては、
足の甲でサイズを調節しながら固定できるタイプの
サンダルを使うのがベターだろうということです。

ただ、デメリットは、
サンダルなので、つま先が露出しちゃうということですね。

誰かに踏まれたり、
壁にぶつけたり
という危険を伴うと言うことです。

それは普通の靴でも、
踏まれれば、当然アウトではありますが、
少しは保護されていますよね。

そういう意味で、このデメリットを
少しでも補うために
つま先、特に骨折部位は
しっかりと包帯などを厚めに巻いておきましょう。

その上で、安価なギプス用サンダルと、
治療後も、デザインが気に入れば、
使えるかなというサンダルをオススメとしてご紹介します。

安価なギプス用サンダル

普段使いも念頭に入れたサンダル

少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサード リンク

骨折は最初の2週間が勝負!


骨折の治療は骨がくっつきだしてしまうまでの最初の2週間で成否が決まると言っても過言ではありません。

納得いく治療を受けていただくために、こちらの記事を一度お読みください。

当サイト管理人 歌島の診察希望


当サイト管理人の歌島は関東の複数の病院で診療を行っております。

どうしても多くの患者さんを拝見している中で時間をかけて人1人と向き合う時間がないのが悩みですが、それでも、患者さんの希望を、理想的にはゴールをできるだけ掴んで、お手伝いできること、提供できることを常に探しながら診療しております。

プロフィールはこちらをご参照ください。
スポーツコーチングドクター歌島のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

歌島 大輔

スポーツ整形外科専門医師(川崎市立井田病院・景翠会 金沢病院・さくら通り整形外科 各非常勤医師)として外来診療・手術を行っている。ケガやスポーツ障害という「マイナス」から元通りという「ゼロ」を目指すのではなく、パフォーマンスに変革をもたらす「大きなプラス」を一緒に目指す情報発信やコーチング活動をライフワークとする。